「ピーバンドットコム(3559)」の当選結果と初値予想と、SBI証券IPOチャレンジポイントのボーダーライン

すべての前期型IPO証券会社でピーバンドットコム(3559)の当選結果が出ました。

結果は・・・!!!

すべてハズレました(>_<)

後期型IPO証券会社の松井証券で100枚以上ありますので少し期待です。

岩井コスモ証券は少数なので無理そうです。

3月17日追記:後期型の松井証券も岩井コスモ証券も落選でした。

主幹事のSBI証券で、当選報告が多数あるみたいですが私は無理でした(T_T)

ちなみにSBI証券のIPOチャレンジポイントのボーダーラインは130ptくらいらしいですね。

いや、130ptでこの銘柄はいらないでしょ~。

っと思ってたのですが、どうやらポイント当選した人の配分数は300株らしいです。

公募割れはしないと思うので、まあ良かったくらいは儲かるんじゃないでしょうか。

ピーバンドットコム(3559)はプリント基板のネット通販サイトP板.comの運営をしている会社です。

ネットで基板設計というよくわからないビジネスですが、売上は前期とくらべて純利益は2倍になる予想とされています。

予想PERは23倍くらいと割安感はありません。

需給面では大株主のほとんどがロックアップかかっているため上場日の売り圧力はほとんど無さそう。

1番の大株主である社長は1.5倍でロックアップ解除なので、社長次第で需給は良くも悪くもなりそうです。

ただ、そもそもの割安感がないので、1.5倍は難しいかもしれません。

SBI証券主幹事だから安心と思いきや、昨年フィットという銘柄は公募割れしているので、そこも不安材料。
公開価格はおそらく上限の1650円です。

ピーバンドットコムの初値予想は、公募価格の1.5倍弱の「2300円」くらいですかね。