2017年ドル円予想

こちらのブログはIPO中心ですが、現在、FXのドル円で大損しているので、私なりに2017年にドル円を予想してみます。

まず、ドル円の上限を考えてみたいのですが、そもそも2015年の高値からの下落は黒田日銀総裁の

「実質実効為替レートで見ると円安になっているのは事実だが
ここからさらに円安はありそうにない」

という発言ですよね。

これは直近の高値である2015年6月、125円の時に言った発言です。

現在も同じ人が日銀総裁である事から、この125円というのは超えにくいと考えられます。

あとは、トランプ氏が「アメリカの製造業を守る」という人ですから、元々ドル高は望んでないと思うんです。

その事から、トランプ氏が勝てば円高ドル安と言われてきたのです。

今は、減税によりアメリカの景気が良くなるとか、最近の良い経済指標でドル高がすすんでいますが、落ち着けばドル安の方向にすすむと思うんですよね。

それと、ここ2年で2回急落した場面がありましたが、中国とEUが原因のものです。

これらのリスクが急に出てくる事は考えられます。

特に今年はEUにて選挙が多いです。そして反EUの政党がいます。

ブレグジットの再来は十分ありえると思います。

それらを考えると、

ドル円の上は125円が意識されて、結局はその付近になったら買う人がいなくなって、下については100円もあるのではないかと思ってます。

私の予想のように言ってますが、大半の普通の投資家ってこういう風に思ってるんじゃないでしょうか。

最近のアナリストでは、「日経平均23000円、ドル円は130円」と言っている人がいますが、バブル崩壊を知っている世代が現役でトレードしている現在、そこまで本当に買っていこうって人がいるんですかね。

日本人の大半は、「ドルも株も高くて買いたくない」って思ってるんじゃないでしょうか。

こういう時でも外人は買うから難しいんですよね。

あくまで去年の予想を大幅にハズした私の意見ですので、投資に関する判断は自己責任でお願いします。